令和 3年 総務委員会(新小岩駅ビル区民事務所に関する質疑)


米山真吾

 何点かお聞きしたいと思います。  資料のほうで、災害時の対応ということでJRさんと今協議されているということなのですが、区側として例えば、駅前滞留者の帰宅困難者対策とか、それから、共用部分の仕様ですとか、具体的に区としてどういう要望をJRさんにされているのでしょうか。具体的な数字とかあれば教えていただけると。

 施設管理課長

 具体的な協議は、今、危機管理課のほうとJRのほうで中心になって進めておりますけれども、今お話ございました駅前滞留者対策、こちらはJRの列車の事故とか、そうしたものに伴うときに滞留者が発生することが多くあろうかと思います。そういったときにはやはり、鉄道事業者の責務ということで、そちらにつきましてはJRのほうが先頭を切って中心になってやってくれよというふうな協議を進めながら、区のほうといたしましては、台風時の一時避難とか、そういった形の内容でうまく役割を分けるような形で協議を現在進めているところでございます。

 米山真吾

東日本大震災のときとか新小岩の駅周辺もかなり滞留されて、非常に人があふれたという状況を見ました。具体的にこの広さで、どの程度区として収容していきたいのかとか、それによってこの防災倉庫の多分面積とかも決められているのだと思うのですけれども、どれぐらいの人数を想定されていて、JR側に協議をこれからしていこうというお考えなのでしょうか。

 施設管理課長

避難した場合は、そのときの1人当たりの使う面積というのが決まっていると思うのですけれども、その面積に合わせて計算をしていくものだというふうに思われます。すみません、実際に危機管理課のほうと今、JRが調整してございますので、そちらの進捗も確認させていただきたいと思いますが、今、どのくらいの人数ということは申し訳ございません。そこまで協議に至っていないというふうに認識してございます。

米山真吾

 区民の皆さん、周辺住民の皆さんも、そういった面では非常に注目している施設になると思いますので、どれぐらいの災害時において対応がなされるのかどうかというのは、ぜひ、具体的な数字も含めて、今後教えていただきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いします。  それから、このカラーのレイアウトの案なのですけれども、ちょっと教えていただきたいのですが、右側のほうに防災倉庫ですとか、あるいは誰でもトイレとか、こういったレイアウトがなされているのですけれども、このちょうど間の部分なのですけれども、かなりスペースとしては大きいのですけれども、何かこういったスペースの扱い方というのは、今、具体的に何かどういうふうにお考えになっているのか教えていただけますか。

 施設管理課長

 今後のレイアウトにつきましては、申し訳ございません。職員が書いたレイアウトでございますので、そこのところで違和感があるかもしれませんけれども、この書いた時点におきましては、今委員御指摘の場所につきましては、この⑤の多目的ひろばの一部ということで描かせていただいたのですけれども、実際この後、実施設計のほうに入ってまいりますので、そうした趣旨を設計会社のほうに伝えつつ、ちゃんとした形で、分かりやすい配置になるように整備をしてまいりたいというふうに考えます。

 米山真吾

 極力というか、デッドスペースがないように有効的なスペースとして造っていただきたいと思います。  それから、最後の質問なのですが、お願いも含めてなのですが、この周辺公共施設の再編、集約の案なのですけれども、新小岩北区民事務所、それから南の区民サービスコーナーを移転という形で駅ビルのほうに集約していこうというお考えなのですけれども、実際特に、新小岩北区民事務所、南のサービスコーナーについては、地理的にかなり近いので、影響的には少ないのかなと思うのですが、新小岩北区民事務所については、区内でもかなり利用者が多いということですのでこれはお願い事なのですが、どういった形で地域住民の方が、この区民事務所にどういったサービス内容で来られているのか、それからどういった交通機関で来ているのか、どういったエリアの方々がどの程度利用されているのか。現状を分析していただいて、その上で、この南口のほうの受入れがきちんとできるのかどうか少し時間がありますので、対応していただきたいと思います。具体的には、例えば、自転車の問題ですとか、この北の区民事務所でかなり利用されているのを仮定するとなると、その分、南口のほうに駅ビルに来られたときに、自転車の受入れのキャパがきちんとあるのかどうかとか、あるいはバスの問題も含めてどういった形でできるのかも含めて、サービスが変わったことによって非常に大きな影響を受けないように進めていただきたいと思いますが、最後いかがでしょうか。

施設管理課長

確かに、委員がおっしゃるとおり、こうした形でいろいろ状況が変わりますと、御利用されている区民が1番困惑するということは間違いないというふうに考えてございます。今後、今委員がおっしゃったように、まず現状の把握、分析をしっかりして、それが実際に変わることでどういうふうに皆様方の足取りですとか、そういった利用方法も変わっていくのか、そうしたことをきちんと出しまして、地域に入って丁寧にそのことを御説明してまいりたいと思います。あと、何よりこの駅ビルに区民事務所が移ることによって、得られるメリット、こちらのほうも区民の皆様に丁寧に御説明をしてまいりたいというふうに考えてございます。